読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

toriプライベート、この頃。

 tori yogaのプライベートレッスンを始めて3ヶ月が経ちました。

いろんな個性を持ったお一人おひとりと向き合うようになってから、今まで本当に目の前の人をちゃんと観れていたかな、寄り添えていたかなって振り返ったりして、人と関わる時の意識が変わってきたように思う。

その変化に添うように、生徒さんの反応も変わった。

息が合うような時間が増えて、みなさん笑顔で帰っていかれるようになった。

私も癒されるし、課題も見えてくるのだけどそれも良くて、本当に始めて良かった。





プライベートを選んだ理由を伺ったら、こんな答えが返ってきました。


「大きなスタジオやジムでレッスンを受けていたけれど、なかなか指導してもらえないので、丁寧に見てもらいたい」

「一人の方が気楽だし集中もしやすい」

「グループレッスンについていけなかった」

「グループレッスンでもやもやしていた部分をたまにプライベートでゆっくり確認して、気持ちよく流れられるようになりたい」

「深めたいポーズがある」

「その日の体調や気分によってレッスン内容の調整が出来る」

「昔の怪我などで動きにくい部分があるので他の人たちと同じように動けないけれど、自分に合う形で運動する習慣を身につけたい」


グループでしか感じられない良さもたくさんあって私は今はどっちも好きだけど、生徒さんたちの気持ちもすごくよく分かる。

みんなちゃんと見てほしくて、そして自分のことをちゃんと分かってあげたいのだなぁと思いました。

私も生徒さんの言葉・体・呼吸を通して気付かされることがたくさんあって、こうしてじっくりと向き合うことは、自分としっかり向き合うことでもある。

私も、自分のことをちゃんと分かってあげたいのだなぁと思いました。





toriに来られる生徒さんは普段、

「みんなで」「みんなのために」って過ごしている方が多い気がする。

自分のことを丁寧に扱って大切に想う時間を持つようにするのはすごくいいと思う。





ちなみに私は「みんなで」という環境に上手く馴染みたいし楽しみたいのに、自信のなさから、みんなでいても独りのような気持ちになることが以前はよくありました。

 
ヨガを始めた頃は、グループレッスンが時々とても辛く感じた。
 
たまにマンツーマンになった時なんかはホッとしたし、じっくり見てもらえて嬉しかった。

だからと言って、その時はプライベートレッスンをやっている教室に行こうなんていう発想がなかったし、続けているうちになんでも平気になってきたのだけど。

なんか、当時の私のような人にもいいかもしれません。

まわりについていこう合わせようとしなくてもいい空間で、自分に集中していっぱい吐いて吸って。

生活の中で駄目だーと思っているところばかりに意識が向いてしまう人も、
 
気持ちいいなぁー伸びるなぁーなんかほっとするー
 
とか、そういう小さないいことを重ねていくと、心も体もほんとに少しずつ楽になっていって、駄目と思っていたことが駄目じゃなくなったりする。
 
ヨガに惹かれて続けていると表情や声や体が元気になったり柔らかくなったりする人が多いので、そういう生徒さんたちの姿を見て、やっぱりヨガっていいんだ。。!って、まだ疑ってたわけじゃないのだけど(笑)、最近改めて感じています。
 

https://instagram.com/p/zExGdZqhia/