読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観念

早朝、到着してるバスに乗ろうと走ったら派手にこけました!

立ち上がれないまま前を見た瞬間にバスが行く…。

両手両ひざ全力でついて、久しぶりのビリビリ感。

片手片ひざから血を出しながらしょんぼりバスに乗って、ティッシュで血を拭いていたら、

「これで足りるかしら?」

と、隣のまろやかなお顔の女性。

手には絆創膏!

お礼を伝えたあと少しの間お話をしたのだけど、別れた後もまろやかさんの言葉が残っている。

「たまたま隣に座って下さって良かったです。子供の時は一回わーっと泣いちゃえばそれで良かったりするのに、大人になると色々と考えちゃいますねぇ。大泣きするわけにはいかないとか、服が汚れちゃうとか。」

転けて一本乗り遅れて、名古屋からたまたま来られていたまろやかさんの隣に座って、お話が出来て良かった。

ビリビリも治った今、ぽーっとあたたかい気持ちだけが残っています。





・・・・・・・・・・





今回、痛みでしょんぼりはしたのですが、

怪我/痛い/バスが行った=最悪!

にはなっていない自分に気付いて、ほー と思った。

だけど自分じゃなくて周りの人たちの多くが、

「悪いことが起きましたね」
「不幸中の幸いでしたね」

という反応で、これにも ほー と思った。





「これはこういうもの・みんなそう感じるはず」

まろやかさんの言葉もそう。

そんな観念が全体に溢れている。

仕掛けに気付いてしまったら、なんでもないこと。