心や思考のこと

どんな音を響かせたいか

私は、自分を信じたい、起こることすべてを信頼したい、と思っていたけれど、本当は別に何も信じたくないのかもしれない。はじめ、なんか寂しいなと思ったけれど、信じないことは別に疑うことや嫌うことではないなと思った。じゃあ「何も信じていない」って…

心配と信頼について

「心配は信頼に置き換えたらいいんだなー」と先生が言っていた。その言葉がしばらく残っていて、今朝起きてふと感じたこと。 心配は、人や物事のネガティヴな力を信じること?もっといい表現があると思うのだけど、そんな感じかなぁ。 それは、生き物が育っ…

真ん中の距離と頭が作り出す距離

ここ数ヶ月前から、生徒さんからハグしていてくれたり、手に触れながら挨拶をしてくれたりするようになった。 お手当てを始めて、触れ合うことの良さを実感し始めた頃からだと思う。ヨーガやお手当ての時、何の抵抗もなくただ触れにいく。だけどそれ以外の場…

片付ける

頭も部屋も、片付けられないことで多くの大切なものを失ったと感じていた20代前半。 本当に、最低だった。 5年程前、掃除について書かれた記事を検索して読みあさっていた時(笑)に見つけた一番左端の本(ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学…

生きることと死ぬこと

母方のおばあちゃんのお見舞いに。病室には懐かしい親戚がたくさん来ていました。その部屋にいる人間の中で一番「死」に近いであろうおばあちゃんの姿に、誰よりも「生きている」ということを強く感じさせられ、反対に体は丈夫だけど何もやる気が起きないと…

結局ヨガのこと考えてた

週末は久しぶりにヨガもバイトもない一日でした* 性格に反してオープンなカバンの妹と、 インド料理屋さんでごはんを食べて、 そして梅田AKASOへ。今年2回目、向井秀徳のアコースティック&エレクトリック!ナンバーガール時代から最新のものまで、彼ひとり…

光を観る

法然院のホームページに載っている住職の法話の中に、観光について書かれたものがあって、それがおもしろかった。「観光」という言葉は、中国の五経のうちのひとつ「易経」に出てくる「観国之光」という言葉が語源になっているのだそうです。国の光を観る。…

ご縁

ずっと使っていたお気に入りの葉っぱブローチ。一度なくして、すぐに見つかって、そしてまたなくしてしまった。ぎゅうぎゅうの満員電車から降りたらなくなっていて、お忘れ物センターみたいなところに問い合わせてみたけれど、今度こそほんとにお別れのよう…